HG GAFRANガフラン完成(詳細)

HG GAFRANガフラン完成(詳細)

HGUC ガフラン完成詳細ページです。

ガフラン完成ページ(全体画像)とガフラン製作記(製作途中記事)もありますのでよろしければあわせてご覧ください。

このページでは各部詳細を紹介しています。

HGガフラン改修内容

LEG UNIT

脚部の面構成が独特なのでそれが生きるようにエッジ出しをしています。

太ももから足首までエッジが綺麗につながるように削り込んでいます。

また、ももにある突起も鋭く修正。

より大きく見せるようにパーツのふちを薄くしたりディテールを追加したり、スジ彫りで別パーツに見せたりといろいろと手を加えています。

膝部分が挟み込みなので、塗装後に接着、マスキングをして再度塗装というように手間はかかっています。

今回は各所にスジ彫りを入れた後オーロラシートを貼り付けて少し奇抜な雰囲気を出しているつもりです。

BODY UNIT

腹部は合わせ目消し、エッジ出し、パーツの重なりが複雑に見えるように削り込みや彫り込みを行っています。

腰の羽基部や、腰、フロントアーマー上部にもスジ彫り+オーロラシートを使ってセンサーのようなものを作成しています。

このセンサーのようなディテールは0.5mmのタガネで彫ってからオーロラシートを貼り付けています。

背部もセンサーディテール等を追加。エッジもできるだけしっかりと立てています。

背部パーツもしっかりとやすりがけをしつつディテール追加

首の部分もディテールを細々と追加、やすりがけもしっかりとしてエッジを出しています。

首の前のグレー部分は合わせ目があり、消すのが地味に大変そうだったのでプラ板を切り出して貼り付けてごまかしています。

ARM UNIT

肩パーツのエッジ出し、突起部分もパーツを薄く削り込んだりセンサーディテールを追加したり、尖っているべき部分にプラ板を貼って尖らせたりという基本処理の繰り返しです。

手首付近にカーボンシートを貼ってディテールに変化をつけています。

HEAD UNIT

ひさし部分に1.2mmプラ板2枚重ねで貼り目つきを鋭くしています。

デカール

今回はデカールを貼ってません、大後悔です。

結果として驚くほど地味なMSになってしまった。。

カラーリングレシピ

ガフランのブルーは元々もう少し緑がかった青だったのですが、好みでこの色に変更しています。

最後に

本当に地味な完成品になってしまいました。

同じものを作ることはないですか、AGE系の敵モビルスーツを作る際はしっかりとデカールを貼ろうと思います。

ガンプラの作例カテゴリの最新記事